タスマニアデビルは可愛い絶滅危惧種!習性や鳴き声~見られる動物園は?

      2016/06/18

塔斯马尼亚恶魔宝宝
この記事の所要時間: 431

タスマニアデビルが日本の多摩動物公園

やってきます。

可愛いんですが、割と地味な印象で動物園に

行けばいるような気がしていたんですが、

いなかったんですね。

何せ絶滅危惧種ですから。

 

熊の子か犬みたいで地味に可愛いんですが

鳴き声は結構デビル。

そして、小さな体で超肉食。

死肉を貪り食う姿はこれもデビル。

そんなタスマニアデビルの習性など調べて

みました。

 

スポンサーリンク

タスマニアデビルとは?

 

フクログマ、フクロアナグマ、フクロクズリ

とも呼ばれる有袋類。

肉食であります。

その名のとおりタスマニア島のみに生息して

います。

昔はオーストラリア大陸にもいたそうですが

現在はタスマニアにしかいないうえに絶滅

危惧種として保護されています。

 

肉食で家畜を襲ったり、声が不気味だったり

するのでデビルの名前がつき、わりと忌み嫌われ

がちな動物だったそうです。

1800年代には民間企業や政府が奨励金を出して、

駆除を奨励していたために、一気に減って

しまいました。

ゴキブリとかも将来もし絶滅危惧種になったと

すれば人類はやはり彼らをほどするのだろうか。

何てこと考えさせられてしまいます。

少なけりゃ偉いんかい、みたいな?

 

タスマニアデビルの見た目

 タスマニアデビル1

体高 :30cm程度

体長(尾を含まない) :50-60cm

尾の長さ :20-30cm

体重 :雄10-12kg、雌6-8kg

 

ペットで買う犬ぐらいの大きさですよね。

全身黒い毛でおおわれていて胸と腰の

辺りに白い毛があります。

胸の白い毛がツキノワグマっぽいんだけど

微妙にラインが下がっていて、だらしない雰囲気。

また腰の白い毛も中途半端な位置にあって

例えばパンダや獏のような洗練された

デザインではないんですよね。

どこかあか抜けない。

 

腰角から後肢にかけてのラインも何だか

ちょっとへっぴり腰みたいで、姿勢が悪く

時に卑屈な印象も。

顔つきも可愛い時もあるけど、平凡以下に

見える時もあり、犬でも熊でも狸でもない。

印象の薄さが逆にイマドキは流行るかもしれません。

 

タスマニアデビルの生態

タスマニアデビル2

夜行性で昼は穴の中で寝ていて、夜になると

餌を求めて活動します。

こういうところもデビル。

主に死肉を食べますが時には動物を襲うこと

もあり、昆虫から鳥、小型の哺乳類まで

ガツガツ行きます。

許せないことに私の愛しいウォンバットが

好物なんだそうで。

自分より体の大きいウォンバットでも

襲って食ってしまうそうです。

ウォンバットのやつ気がよさそうだし、

ボケボケしていそうだからなぁ。

噛む力は哺乳類で最強。

 

タスマニアデビルの鳴き声

仲間との争いでは奇声を発して威嚇する

この声がまたデビルです。

家では飼いたくないですね。

いや、飼いたくても飼えませんけど。

人間に対して歯をむいてケーケーと

声をあげていますが、威嚇してるだけで

大きな動物にとびかかることはまず

ないそうで、ガツガツした肉食の割に

性格はチキンなようです。

 

またストレスを感じたり興奮したりすると

臭いにおいを発します。

そういうところも嫌われがちだよなぁ。

 

タスマニアデビルは多摩動物公園に!

そんなこんなで地味可愛いタスマニアデビル

日本で見られるのは多摩動物公園だけ。

日本どころかアジアで見られるのはここだけ

なんだそうですよ。

【開園時間】9時30分~17時

【休園日】

水曜日(水曜日が国民の祝日や振替休日、都民の日の場合は、その翌日が休園日)

年末年始(12月29日~翌年1月1日)

【入園料】

個人 団体 年間パスポート
一般 600円 480円 2400円
中学生 200円 160円 ――
65歳以上 300円 240円 1200円

しかし貴重な絶滅危惧種を頂くとなると

責任重大ですね。

可愛いようで実は微妙な線のタスマニア

デビルですが、そういう中途半端な存在を

いとおしく思います。

パンダのようなスターには絶対なれない

っていう切なさね。

頑張れタスマニアデビル!

多摩動物公園に一番近い駐車場トップ3!場所や料金~営業時間やアクセスも

クジャクグモの生態!求愛成功はダンスよりルックス?YMCA動画も

タチヨタカが変顔で可愛い!どこかの動物園で見られる?生態は?

 - おでかけ, 動物