双笙(シュアンション)のプロフィール!中国の歌姫の顔写真や作品!

      2016/06/07

この記事の所要時間: 539

中国四川省は重慶の少女が双笙

(シュアンション/そうしょう)という

アカウント名でカバー曲やオリジナル曲の

歌唱を発表し話題になっています。

中国だけでなく、すでにニコニコ動画でも

話題になっていて、彼女の歌を聞いて

中国語の美しさに目ざめ、中国語を習いたく

なったという声まで出ているほど。

まだ未成年ですし、本名は公表して

いませんが中国のネット上にある情報を

集めてみました。

 

スポンサーリンク

双笙(シュアンション):プロフィール

双笙(シュアンション)2

本名:不明

生年月日:2000年5月13日

年齢:16歳、高校2年

居住地:四川省重慶市開県

母親:譚宇

双笙(シュアンション)

ごく普通のお嬢さんのイメージですが

なかなかの才能の持ち主です。

そしてスタイル抜群!

 

双笙(シュアンション)の家庭環境は?

 

双笙(シュアンション)1

中国語で「小康」と言われる富豪までは

いかないけれど割と裕福な家庭の出身。

物心つく前から家にはPCがあり、小学校の頃

には両親のおさがりの携帯を使っていました。

外で遊ぶよりネットや読書が好きなインドア派。

小さい頃から漢詩や宋詞を愛し、小学校時代に

中国の四代名著『三国志演義』『水滸伝』

『西遊記』『紅楼夢』を読破。

李白の洒脱で鷹揚なところが好きで、世間に

文句たれてばかりいるような杜甫は、あまり

好きではないそう。

音楽との出会いはネット上で武侠小説を探して

いた時に古典音楽に触れたことでした。

 

双笙(シュアンション)の名前はいつから?  

 

双笙という名前は古典愛好家仲間と交流する

際の名前で小学校を卒業した年に自分で命名。

「双笙」が「霜笙」か長いこと迷いました。

最終的に2文字の構成の美しさで「双笙」に決定。

中国語だとこの2つの名前はどちらも発音が

同じなんです。

背後にエピソードや深い意味があるわけでは

なく、音がきれいで見た目に美しい名前を

選んだということですね。

中学生の女の子らしいです。

いわゆる少女趣味ってやつですね。

私もいまだに少女趣味ですけど。

 

昨年4月に「故夢」でブレイク

中学2年の時にソーシャルアプリを使って

初めて古典風歌曲の歌唱の放送を開始。

その後も歌を発表することはしていた

ようですが、話題になり始めたのは

2015年4月、自作の「故夢」を音楽アプリ

状にアップすると2日後にトップページに

掲載され、その日のうちに再生数は

万の大台を突破。

当初は古典風歌謡のカヴァーをアップ

していましたが、最近はオリジナルも

発表し始めています。

「行香子」は作曲:双笙、作詞:温莨の

オリジナル曲です。

 

双笙(シュアンション)の声の特徴は?

 

鈴を鳴らすような声、かなきり声、ダミ声、

声にもいろいろありますが、双笙の声は

微妙に紗がかかったようなスモーキーボイス

これがまた何とも言えない味になっていると

思います。

中国では少年のような声と言われていますが

確かにそんな感じですね。

この手の歌は中国人女性特有の高く透明に

響く声で歌われることが多いので、甘さを

抑えたような響きの中にいくらかの哀調や

微かなコケティッシュも感じられます。

 

こういう声になったのは変声期に声を

使いすぎたからだと、双笙本人は分析して

いる様子。

中学の頃、級長をしていた双笙はイタズラ

好きな男子生徒に声を荒げていたことが

原因だそうです。

 

音大に進学希望

 

現在は高校に通いながら成都の音楽学院で

音大の声楽科に進むための予備クラスで

勉強をしている双笙。

成都の音大を目指しているようです。

成都に音楽が学べる大学はいくつかありますが

やはり四川音楽学院でしょうか。

音楽の勉強だけでなくアナウンサーの講座も

とっているようで、彼女の発音の美しさは

なるほど努力で作られていたのかと納得。

日本語でもそうですが、話す分には何も問題

なくても、美しい日本語が話せるかとなると

鼻濁音とか子音の無声化とかいろいろあって

素人には難しいです。

中国語は有気音やそり舌音や発音も複雑で

中国人だからってきれいな中国語が話せる

とは限りません。

もともと母親は若い頃アナウンサー志望

でしたがその夢は果たせませんでした。

当初母親は双笙にアナウンサーにしたかった

ようで、今通っているアナウンサー講座も

ひょっとすると母親が始めさせたものかも。

でも、これはプラスになってると思います。

今でも十分達者なのに音大で専門教育を

受けたら、どんなになるのか楽しみですね。

 

二次元やコスプレ好き

 

小学校で四代名著や李白を読んでいた、古典

音楽好きの文学少女となると、非常に高尚で

格調高い印象ですが、双笙はマンガやアニメ

などの二次元やコスプレなどが好きという

けっこうオタク。

中国ではアニメや漫画のコスプレだけでなく

武侠ファンタジーのイメージのコスプレや

唐装と呼ばれる当代スタイルのファッション

のコスプレも大人気。

双笙は唐装に凝っているようです。

お仕事もカヴァーや自作の歌唱だけでなく

アニメ作品や映画とのコラボなどを試みて

いるようです。

イラストも描くようで結構上手。

歌はうまいわ、曲も作るわで天は二物、

三物を与える。

日本でも今後さらに話題になりそうですね。

今は来年の受験を控えてあくまで学業優先の

ようですが、大学に入れば表に出て活躍するの

ではないでしょうか。

今後が楽しみな歌姫であります。

 

 - 中国ニュース, エンタメニュース, 華流