上田藍のプロフィール~両親・家族!感謝ノートで金メダルをとって園遊会へ!

   

この記事の所要時間: 539

トライアスロンの藍ちゃんこと上田藍

(うえだあい)選手リオ五輪金メダルへの

期待がかかっています。

2010年には練習中の事故で外傷性くも膜下

出血に倒れたものの、見事復活。

上田選手を支えていたのは持ち前の負けん気

と「思い込み」そして家族の愛情だったようです。

この夏、金メダルに一番近い女、上田藍選手

について調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

上田藍(うえだあい):プロフィール

 

生年月日:1983年10月26日

学歴:京都市立洛北高等学校卒業

身長:155㎝

体重:44㎏

所属:シャクリー・グリーンタワー・稲毛インター

 

上田藍選手の家族は?

 

上田藍選手の両親は父の上田守男さん、母の

上田ひとみさんともに手描き友禅の職人さん。

家の工房で絵筆を走らせる両親を見て

育ったせいか、上田選手の絵の才能も

なかなかのもの。

小さい頃は絵を習っていましたし、今でも

特技として、折につけ披露しています。

 

2年上の兄・上田陽生さんは小さい頃から

身近なライバルであり目標だったようです。

 

上田藍選手にとって父の影響は大きく、ポジ

ティブ精神と最後までやり抜く粘り強さは

父から学んだとのこと。

兄とのケンカに負けてふくれていると、

「女は笑わなアカン。みんなから好かれる

人間になりなさい」

と笑顔の大切さを教え、宿題を投げ出そうと

すると「徹夜してでもやりなさい」と叱る。

そういうお父さんだったようです。

 

やっぱり筋の通った厳しさというのは大切

なんでしょうね。

うちなんか宿題をためていて前日のヒーヒー

いいながらやってると「早く寝なさい」

なんて言われたもんなぁ。

それでこんなズルズルな人間になったのかも

しれません。

 

水泳から陸上、そしてトライアスロンへ

 

4歳からスイミングスクールに通い始めた

上田藍選手。

スクールの中では特に目立った才能を示す

子供ではありませんでした。

もともと走ることが得意だったので、自信を

持たせるために両親がランニング大会に出場

させたことで、あちこちの大会で優れた成績を

納めるようになります。

 

中学は兄がいた水泳部に入ったものの、才能を

買われて駅伝に駆り出され、夏は水泳部、冬は

駅伝の学生生活を送り、3年生の時には全国

中学生駅伝にも出場。

走ることで実績を挙げられたので高校では

陸上部へ。

 

陸上部では3000メートルを走っていましたが

インターハイ出場はならず。

進路を考えるようになって、スポーツ選手を

希望していたものの陸上では自信がない。

そんな頃にトライアスロンなら、好きな種目

水泳とランニングが生かせると思ったこと

からトライアスロンの道へ。

 

現在の上田選手を見ると、もともと才能が

あった人なんだという印象を受けますが

現在の成果は才能だけでなく努力のたまもの。

高校時代には陸上部の男子に、

「もし上田さんと付き合ったら、デートは

ジョグっぽいね」

と言われるほど、練習に熱中していたそうです。

 

上田藍選手の感謝ノートとは?

 

「引き寄せノート」とか「夢をかなえるノート」

とか一時はやりましたよね。

左のページには今すでに自分が持っているもの

に対する感謝を、右のページには自分の夢が

すでにかなったという完了形で感謝の言葉を書く

というあれです。

道畑ジェシカもやってることで話題になりました。

上田藍選手も「感謝ノート」を書いているようです。

 

北京五輪が終わったその日から毎日日記に、

「2012年8月4日、ロンドンオリンピックで

金メダルを勝ち得ることが出来ました。

ありがとうざいました」

と書いていたそうです。

ロンドン五輪の後は、もちろん

「リオ五輪で金メダルを獲得できました。

ありがとうございました」

と毎日書いていて、このノートはリオにも

お守りと一緒に持ち込むそう。

 

上田選手がスピリチュアルな効果を信じると

いうよりも、毎日書くことで自分をその気に

させる。

かつイメージを植え付けることが重要。

2010年に外傷性くも膜下出血という大ケガを

負いながら、見事復活できたのは常に最高の

状態を思い描くポジティブ思考のたまもの

かもしれません。

 

こういう考え方自体が父から受け継いだもの。

父の守男さんはリオで金メダルを取って天皇

皇后両陛下の園遊会に招かれることを想定し、

リオの空と海と波をイメージしたデザインの

着物を上田選手のためにすでに用意してある

んだとか。

 

今回のリオ五輪を前に、上田藍選手は

「センターポールに日の丸を掲げたい」と、

金メダル獲得宣言しています。

上田藍_金メダルイラスト

また得意のイラストを描いて、リオでゴール

のテープを切る場面を披露してもいます。

こういう一種ビッグマウスな言動はなかなか

できないものです。

特に私みたいなチキンは実現できなかった

時に「大口たたいてこの結果かよ」と言われる

ことを恐れて死んでも口にできない。

でも、思いあがっているわけではなく、

ネガティブな想定は自分の中から排除し

つくすイメージ戦略なんですよね。

 

イメージ通りに金メダルを獲得することを

祈ってます。

上田藍選手が見事、有言実行を果たすことが

私を筆頭とするチキンたちに勇気を与える

と思いますので。

引き寄せノート、実は私も昔書いてたんだ。

当然のように3日坊主だったけど。

どう転んでも凡人。

谷井孝行(競歩)は自衛隊体育学校所属!妻・娘と五輪で金メダルを狙う!

江宏傑:結婚式は五輪後?プロフィールや身長・体重~家族や画像も!

 - スポーツ