シンザト容疑者をケネス・ギャドソンと表記しないのはなぜ?背後の理由は?

      2016/05/24

この記事の所要時間: 427

沖縄で島袋里奈さんを乱暴殺害した男は

シンザト・ケネフ・フランクリン容疑者

盛んに報道されていますが、この名前

表記に違和感を感じています。

事件の残虐性も常人には理解できないもの

ですが、今回の事件でもう1つの疑問は

シンザト・ケネフ・フランクリン容疑者の

本名あるいは元の名前はケネス・ギャドソン

あるいはケネス・ガドゾン(Kenneth Gadson)

らしいということ。

なぜ、この名前を表記せずシンザト・ケネフ・

フランクリンなのでしょうか。

現時点での情報を集めてみました。

 

スポンサーリンク

シンザト・ケネフ・フランクリンはKenneth Gadson

 シンザト・ケネフ・フランクリン

こちらはすでに報道でもおなじみの

シンザト容疑者の顔写真があるフェイスブック

現在では削除されています。

報道で使われていることから同一人物であり、

彼がKenneth Gadsonの名も持つ、あるいは

持っていたことが分かります。

 

英語圏でも中華圏でのこの事件の報道は

Kenneth Franklin GadsonKenneth

Gadsonの表記がありますが、フランクリンの

あるなしに関わらず、ほとんどGadsonの表記が

使われている印象です。

なぜ日本での報道はシンザト・ケネフ・フランクリン

なんでしょう?

ちなみにワシントンポストはKenneth

Franklin Gadsonでした。

 

シンザトは妻の名字

 

シンザト・ケネフ・フランクリンは沖縄県人の

女性と結婚した後、妻の名字であるシンザトを

名乗っているとみられる。

旧姓は「Gadson(ギャドソン)」とみられる。

と報道されています。

結婚して日本で生活するうえで妻の姓を

名乗るほうがいろいろと都合がいいという

事情があるのかもしれません。

 

名乗っているのはシンザトとして法的には

どうなのさ?

そして、Kennethが「ケネフ」と表記されて

いるのはなぜ?

 

母の名字もギャドソン

 

今回の事件の容疑者の家族として母を

取材した報道では、母親の名前を

シャーリー・ギャドソン(Shirley Gadson)

と表記しています。

 

ギャドソンが旧姓というのはどういう事情

なんでしょう。

改名したということでしょうか。

母親の旧姓?

あるいは母親が再婚して、Gadsonを使って

いたが、やっぱり父親の姓に戻した?

あるいは結婚歴があって過去の妻の姓?

あるいはアメリカでは犯罪歴がなければ

比較的簡単に姓名を変更することが可能

だそうですが、そういうこと?

 

ニューヨークに住んでいる母親によると

シンザト容疑者は11歳の頃から悪い友人

たちと付き合い、薬物を使っていたと

いいます。

母親の証言ですから、その後も品行方正な

男ではなかった可能性が高いですね。

 

しかし、今回軍人ではないにしても

軍属として基地内で働いている人物の

正式名称がいろいろに表記されたり

するのはなぜなのか。

Kenneth Franklin Gadson、あるいは

Kenneth  Gadsonの時代に知られては

困ることでもあるのか?

 

サミット前だから事を荒立てないように?

 

わりと初期の報道の中で誰だったか忘れた

けど官僚が「まずいことになった」だったか

「やっかいなことになった」だったかいう発言

をしていた気がします。

サミット前だから、この時期に米軍基地関係で

世論に騒がれたくないという思いはもちろん

あったでしょう。

広島訪問までして一気に好感度を上げようと

しているのに、確かにこれは時期が悪い。

 

シンザトを強調してケネスをうっかりケネフ

にして、もと軍人だったことを表に出さない

ようにしたとか?

まともにケネス・ギャドソンとしたら

すぐに経歴が割れてしまうから?

 

でも割と早い段階で「軍属」という聞いた

こともないような言葉で報道されていて

いたから、これは違うか。

軍という言葉がつけば、場所が沖縄だけに

すぐ基地を思い浮かべてしまうしなぁ。

あるいはケネス・ギャドソンの名で犯罪歴が

あったりして、そういう人間を基地内で働か

せていることを非難されるとまずいとか?

 

……うーむ、どうもすっきりしない。

何かあるのではと思うのは、うがちすぎ

なんでしょうか。

岩崎友宏容疑者のブログ!犯行直前の投稿が怖い!裏ブログで決意表明?

 - 社会ニュース