三井悠加プロフィール!結婚や彼氏~家族や浮世絵プロジェクトとは?

   

この記事の所要時間: 610

山内惠介の所属事務所、三井エージェンシーの

社長・三井健生氏の娘さん、三井悠加さんが、

国際的に活躍しています。

父の会社三井エージェンシーで企画や

マネジメントの実績を積んだ後、現在は

ロサンゼルスの三井エージェンシー・

インターナショナルの代表に。

こちらの会社は芸能事務所としての事業に

加えて浮世絵の企画・制作・販売も手掛けて

いるというちょっと面白い会社です。

三井悠加さんと浮世絵プロジェクトについて

調べてみました。

 

スポンサーリンク

三井悠加:プロフィール

三井悠加

2006年、株式会社三井ミュージック創業者

の1人として常務取締役に。

2003~2007年、夏川りみのマネージャー

として活躍。

この間、夏川りみは2004年に「愛よ愛よ」で

『第46回日本レコード大賞』最優秀歌唱賞受賞。

2007年からは山内惠介のマネジメントを担当し

2014年には「恋の手本」がオリコン9位で

TOP10入りを果たしています。

2014年、ロサンゼルスにグループ会社、三井

エージェンシー・インターナショナル設立。

社長兼CEOに。

 

家族会社の三井ミュージックで10年以上

アーティストのマネジメントやコンサート

企画、テレビやラジオ出演のマネジメント

著作権の管理、プロモーショングッズの企画

製作などを行ってきました。

父の会社で現場での企画やマネジメントの

経験を積み、満を持してロサンゼルス支社を

任されたというところですね。

現在は芸能事業だけでなく浮世絵の

プロデュースに注力しているようです。

 

三井悠加は既婚・未婚? 恋人は?

 

現在33歳の三井悠加さん。

結婚はまだしていないようです。

ウワサによれば三井エージェンシー所属

アーティストの山内惠介と交際、さらに

結婚や子供の存在までささやかれていますが、

確証はありません。

過去にマネジメントをしていたので、行動を

共にしていた時期が長く、親しい関係なのは

当然だと思いますが、だから恋人とは

言えませんよね。

でも心理学的に一緒にいる時間が長いと

好意を持ちやすいと言われていますから

可能性も否定はできませんけど。

 

父は三井エージェンシーの三井健生、叔父は水森英夫

 

三井悠加さんの父は三井エージェンシーの

代表取締役の三井健生氏。

そして元歌手で氷川きよしや山内惠介を

門下生に持つ作曲家の水森英夫氏は三井悠加

さんの叔父であり三井健生氏の実の弟です。

 

三井健生氏は栃木県の出身で弟の水森英夫氏

のオーディション合格を機に、一家で上京

してきました。

水森英夫氏は当初、三音たかおの芸名で

「たった二年と二ヶ月で」をリリース。

これがまったく売れなかったそうですが

曲が良かったために水森英夫に改名して

再リリースしたことでヒットしたとのこと。

そんなことってあるんですね。

ちなみにこの曲は、作詞・阿久悠、作曲は

水森氏本人です。

その頃から作曲の能力を発揮していた

わけです。

1977年には歌手を引退し作曲家に転身。

 

三井健生氏は芸能プロダクションでマネー

ジャーを務めた後、キャニオンレコードに

入社。

1999年、ポニーキャニオン時代にスカウト

した夏川りみのために音楽事務所を立ち上げ

たのが三井エージェンシーの始まりでした。

夏川りみは2007年契約満了を機にフリーに

なっていますが、彼女の大ヒットは「これ」

と見込んだアーティストをじっくり丁寧に

育てる三井氏の成果と言えるでしょう。

 

現在はなんといっても山内惠介に一番力を

注いでいるのではないでしょうか。

山内惠介はデビューから13年目にオリコン

TOP10入りを果たしています。

よほど信頼関係がないと10年以上も頑張れ

なかったのではないかと思います。

それとも2chでウワサされるように、

社長令嬢である悠加さんとの関係があった

からこそ?

それはそれで美談ですよね。

 

浮世絵プロジェクトとは?

 

そんな父の下でこれまで経験を積んできた

三井悠加さん。

ロサンゼルスの三井エージェンシー・インター

ナショナルの事業内容は

1、江戸浮世絵木版画の企画・制作・販売
2、芸能タレント、作家、スポーツ選手、インストラクターの育成並びにマネージメント
3、アーティストの招聘

 

日本のタレントをアメリカでプロデュース

したり、向こうのタレントを招聘したりと

いう活動は想像がつきますが、江戸浮世絵

の販売とはちょっと意表を突きますね。

こちらが現代の浮世絵。

隈取のロックバンドKISSをモチーフに

したのは目の付け所が鋭い!

もともと浮世には「現代」の意味もあり

浮世絵は風俗画ですから、現代の様相を

モチーフにするのは理にかなっています。

 

自身でも彫金をするという三井悠加さん、

浮世絵のグッズを作りたいという話を受けて

日本の伝統工芸の素晴らしさを広く伝えたい

という思いから立ち上げたプロジェクトの

ようです。

江戸時代に盛んだった浮世絵はなんと今でも

作り続けられているとのこと。

意外でした。

ただ、絵師、彫師、摺師の共同作業で完成する

浮世絵の職人は現在ごくわずかで、専門の彫師は

9人、摺師は30人、絵師は浮世絵を専門とする

職人はいないそうです。

 

当代浮世絵のお値段は?

浮世絵プロジェクト

例えば上記のキッスの浮世絵、

サインなしだと税込み10万8000円。

サインありだと税込み23万7600円。

伝統の技法で制作されたものですから

それなりにお値段はしますね。

こういう現代的なアーティストをモデルとした

マッシュアップ浮世絵もおしゃれですが、

日本の歌舞伎俳優をモデルにしたら

ご贔屓衆が買ってくれるんじゃない

でしょうか。

あるいは役者が複数勝手ご贔屓衆に

配るとかね。

故中村勘三郎さんの浮世絵作ってほしいです。

そして、手刷りでなくお値打ちなプリント

タイプのポスターなんかもあるとうれしいな。

山内惠介の彼女や恋人は?在宅応援団の存在やスケジュール情報も!

山内惠介:両親と連絡を絶った理由とは?経歴や国籍も気になる!

 - エンタメニュース