志垣太郎の今現在と妻や子!HYDEの親戚?代表作やプロフィールも

      2017/01/17

志垣太郎
この記事の所要時間: 541

往年の二枚目スター志垣太郎。

最近、あまり見ない気がします。

2013年には『半沢直樹』に専務役で出演

していましたが途中で降板。

当時は病気を心配する声もささやかれて

いました。

 

息子の和音匠(かずねたくみ)がテレビに

出ていたのでどうしているか気になって

調べてみました。

 

スポンサーリンク

志垣太郎(しがきたろう):プロフィール

 

本名:河村稔

生年月日:1951年9月22日

出身地:東京都大田区

事務所:オスカープロモーション

学歴:日本大学芸術学部卒業

 

1969年、高校生の時、芸術座の『巨人の星』

の星飛馬役でデビュー。

翌年からNHKドラマ『男は度胸』に出演し

その翌年、青春ドラマ『俺は男だ』で当時の

人気俳優森田健作のライバル役で大いに

助成の注目を集め、一躍アイドルに。

 

妻は元女優の白坂紀子、子供や親せきは?

 

奥様は元女優で歌手の白坂紀子。

『水戸黄門』で共演したのか交際のきっかけ。

志垣太郎のひとめぼれだったそうです。

 

息子は和音匠。

一見、志垣太郎よりもやや内向的な印象

ですが、しゃべると結構よくしゃべる。

やっぱり濃いお顔立ち。

大きめの声なんかそっくりです。

 

そして、L’Arc〜en〜Ciel、VAMPSの

ヴォーカリストHYDEはなんと遠い親戚!

遠いといっても冠婚葬祭では顔を合わす程度

の遠さだそうです。

そう言われると顔も少し似ているような。

遠~いグラデーションの彼方ですけどね。

 

代表作は『あかんたれ』

 

『巨人の星』を今の若者は知らないんじゃ

ないかと思うんですが、スポ根性マンガの

金字塔を打ち立てた作品でアニメになって

一世を風靡したようです。

舞台なんてあったんですね。

 

どんな舞台だったのか確かめることは

できませんが、翌年にNHKのドラマに

出演していますから、顔がいいだけでなく

それなりに実力が認められたということ

でしょう。

昔のNHKはどれほど人気があろうが、

ルックスがよかろうが、歌手なり俳優なり

それなりの実力がないと出演できなかった

ようですから。

ドラマであろうとなかろうとNHKに

登場すること自体がステータスだった

時代があったのです。

 

その後の青春ドラマではやはりキャス

ティング自体が主人公のライバルという

役どころ。

泥臭い主人公に対し、顔がよくてスマートな

ライバルという位置づけなので割とステレオ

タイプな演技でも行ける役柄だったのではと

思われます。

 

しかし、1976年の『あかんたれ』は花登筐

原作の商人もの。

妾の子として生まれ、父が亡くなった後

本妻のいる大店に丁稚奉公に出され、

「妾の子」としていじめられながら、

わがままだった少年が、一人前の商人に

成長するまでの立身出世物語。

 

この作品で顔だけでない演技力を認められ、

アイドルではなく俳優・志垣太郎として

世に知られるようになりました。

『あかんたれ』は昼ドラだったようですが

共演者が中村玉緒、中村嘉葎雄、小山明子と

豪華な役者さんが出ています。

 

その後もたくさんの作品に出演していますが

やっぱり志垣太郎の代表作と言えば

『あかんたれ』でしょう。

 

志垣太郎の今現在は?

 

2013年の『半沢直樹』では第1話に専務役

として出演していたのに4話ではキャストが

変わっていたことで、降板理由は何なのか

話題になりました。

結局、その理由は公にされていません。

出演予定で変更になったのではなく、すでに

テレビで放映されたのちの降板ですから

不測の事態だと思われます。

 

まず浮かぶのは病気ですよね。

しかし、病気なら制作側から発表があると

思うんですよ。

本人だって俳優として自分の都合で降板

ということになれば病名は言わないとしても

「ご迷惑をおかけします」というコメントが

あるはず。

 

しかし、そういうものは一切なく、実際に

病気でないことも判明し、また

息子の和音匠が奥田瑛二の映画に出演

した際のトークイベントで、奥田監督が

和音匠に、

「なんでお父さんは半沢を降ろされたの?」

と質問したことから、業界内でも

「理由は分からないが降ろされた」

という見解が当たり前な雰囲気が流れて

いました。

 

後の説明によると、

「第1話で登場していた高木専務と第4話から

三浦浩一が演じた高木専務では、呼称は同じ

でも別人」

ということだったようです。

「同じ専務役に同じ苗字使うか?」

というのは誰もが思うでしょうけど、

まあ、そういうことにしときましょう。

 

ここ数年はバラエティではちょこちょこ

登場していますが、ドラマはスペシャル

ドラマや単発回のみの出演でメインキャスト

としての出演がありません。

 

今年2月にはかつての『あかんたれ』と同じ

東海テレビ制作の、

『嵐の涙〜私たちに明日はある〜』

に出演していますから、活動をしていないわけでは

ありませんが、これも1話限り。

仕事を減らしているのか、減ってしまったのか。

 

有吉反省会では「朝、風呂でうどんを食べる」などと

明かして大いに笑いを取っていましたし、

濃すぎるほどの二枚目ですが、内面は結構

おちゃめさんのようなので、今後はバラエティで

活躍してほしいです。

「天才・たけしの元気が出るテレビ」のデビル志垣

も、ギャップが面白かった。

往年のおばちゃんファンたちも喜ぶでしょうしね。

和音匠(かずねたくみ)の父母!結婚や大学は?所属やプロフィール

 - エンタメニュース