『聖戦ケルベロス』第4話あらすじ・ネタバレ「エクスペクテッド・ジャーニー」

      2016/05/01

聖戦ケルベロス
この記事の所要時間: 827

第4話タイトルは

「エクスペクテッド・ジャーニー」。

バリバリのジャパニーズ・イングリッシュ感

満載であります。

 

そもそもイマドキ、カタカナ英語のみの

タイトルというのが、何とも時代錯誤で

作品自体が持つチープ感を否がおうにも

高めてくれます。

「行くべくして出発する旅」といったところ

でしょうか。

 

今回のメインの舞台は温泉と、サービス

ショット満載ですが、その割にさほど

面白くないのが残念。

 

スポンサーリンク

シャリシャルー入浴シーン

 

1人温泉に入っているシャリシャルー。

トミッテの部屋では皆が、ギルーが作った

朝食を食べている。

子供たちはガツガツ食べているが、ヒイロは

メニューが不満な様子。

食事が済んだら今日1日ギルーと剣の訓練を

課せられているヒイロ。

ギルーは稽古にサラートを連れていくことを

禁じる。

これも不満なヒイロ。

ギルーは正体の知れないサラートがヒイロと

親しくなりすぎることを警戒しているようだ。

 

しかし、稽古に出かけるヒイロにやはり

サラートは付いてきてしまう。

ヒイロが「ひとりで散歩でもしていてくれ」と

サラートに金貨を1枚持たせてやる。

 

街を1人歩くサラート。

そんなサラートに声をかける女がいた。

エリンだ。

彼女はサラートを、

「一緒にいいところに行かない?」と誘う。

 

荒野にやってきたヒイロは、

「一人で稽古する」

というがギルーは、ヒイロがまじめに稽古

しないことを心配してか、サラートがやって

きて気を散らせないためか、その場を離れない。

不満でギルーをにらみつけるヒイロ。

しかし、ギルーは顔色一つ変えない。

 

エリンのサラート入浴シーン

 

エリンとサラートは「回復の泉」にやってきた。

この泉に入れば、命さえあるならばどんなに

重い傷も癒されるのだという。

エリンの話を聞くと服を着たまま泉に入ろう

とするサラート。

少し離れた岩の向こうにはシャリシャルーが

沐浴を楽しんでいる。

人の気配に様子をうかがうシャリシャルー

だが、女性2人と見ると安心してまた

水に身を沈める。

しかし、それを見たエリンは

「なぜ彼女がここに……」といぶかし気だ。

 

ヒイロの不満大爆発!

 

「回復の泉」の近くに出没する怪物を

捕えた者には金貨300枚を与える」

という触書を見たパルパは、このことを

ギルーに伝えに行くところだった。

ギルーが怪物を捕えれば、一気に大金が

手に入ると期待しているのだ。

しかし、トミッテは、

「本当にそんな大金をくれるのか?」

と疑っている様子。

 

「もう剣の稽古なんかやめた!」

と不満を爆発させるヒイロ。

「金なんて旅をしながら稼げばいい。

俺1人でだって出発する」と息巻く。

 

エリンの目的は何?

 

エリンとサラートは服を脱いで温泉に

つかった。

シャリシャルーのことなど気づいていない

かのように、サラートと他愛もない

おしゃべりに花を咲かせるエリン。

そんな2人の様子をシャリシャルーも

何気なく探っているようだ。

 

エリンは親しく装いながら、サラートから

何かを聞き出そうとしている。

話の途中で「ヒイロ」と口にしそうになった

サラートを慌ててお湯に沈めるエリン。

これを聞きとがめたシャリシャルーは、

「ヒ……がどうしたの?」

とそばにやってくる。

 

「ヒイロ」の話をシャリシャルーに聞かせまい

とするところを見ると、エリンは味方?

エリンは話をごまかして、

「邪竜が表れてケガ人も多く出たから

混んでると思ったらガラガラね」

と世間話に持ち込む。

シャリシャルーは、

「泉の近くで怪物が出るとのウワサが

あるから人が近寄らないの。

怪物退治の賞金も懸かってるのよ」

と話す。

賞金と聞き、ヒイロがくれた金貨を

取り出し、また彼の名を口にしようとする

サラート。

少しのぼせた様子のシャリシャルーの耳には

今回も入らなかったようだ。

 

ギルーの刃に倒れるヒイロ

 

興奮するヒイロにギルーは

「今の力では魔石グラントロワを手に

したとしてもダガンゾートを相手には

できない。

口では敵討ちをすると言いながら、

課せられた稽古さえできない。

実力のない者には挑戦する資格さえない」

といつになく厳しい言葉で諭す。

逆切れしてギルーに刃を向けるヒイロ。

しかし、あっさり跳ね飛ばされてしまう。

 

「グラントロワさえあればギルーだって

負かせると思っているのだろう」

とヒイロの本心を見抜くギルー。

本気で怒ってギルーに斬りかかるヒイロ。

するとギルーはヒイロを切り捨てた。

ちょうど、そこへやってきたパルパと

トミッテは驚いてギルーをなじる。

冷静に、「彼を回復の泉へ」というギルーは

泉の存在を知っていたようだ。

 

シャリシャルーのワナ

 

怪物退治の懸賞金の件は、実はシャリ

シャルーの計略だった。

賞金目当てにやってくるヒイロたちを

捕えようというわけだ。

何も知らず、ヒイロの傷を癒すため泉に

向かうギルーやパルパたち。

彼らが通り抜ける森にはシャリシャルーの

手下たちが身を潜めている。

 

泉ではシャリシャルーとエリンがおしゃべり

を続けている。

一方、泉の反対側ではギルーらもヒイロと

共に温泉に入っていた。

その話声にシャリシャルーもエリンも彼らが

泉にいることに気付く。

しかし、お互いに何事もない様子を装って

話を続ける2人。

その陰でシャリシャルーの手下たちは

着々とヒイロを捕える準備を進めている。

 

そうとも知らず、温泉につかってヒイロの

ケガを癒し続けるギルーたち。

ギルーがヒイロに対して、これほど厳しい

態度を示したのは、泉の存在を知ったうえで

両親の敵を討つという彼の覚悟を確かめよう

としたからだった。

ヒイロの左肩から胸にかけて残る傷に

驚くトミッテ。

「バルバゴアの惨劇」の際に受けた傷痕だ。

父・バイロの力によって命は救われたものの

その記憶を刻み付けるかのように体に傷痕が

残された。

その傷跡は泉に浸かっても消えることはない。

ギルーに斬られた傷が癒えたヒイロは意識を

取り戻し、彼の覚悟を確かめたギルーは

敵討ちの旅への出発を了承する。

しかし、必要な武器を買うだけの資金は

やはり足りない。

 

ヒイロたちの存在を確認したシャリシャルー

は手下たちに合図し作戦を開始させる。

泉の中から現れた怪物に、シャリシャルーは

ヒイロたちを捕えるように命じる。

しかし怪物はヒイロではなくサラートを

捕まえてしまう。

本来、シャリシャルーの命令を聞くはずの

怪物がコントロールできず、ついにはシャリ

シャルーを捕えて遠くへ放り投げる始末。

怪物はギルーがバラバラに切り捨てて倒し、

サラートも無事だった。

 

いよいよ敵討ちの旅へ

 

怪物の死体を持って街に戻り、賞金を

受け取ろうとしたヒイロたちだが、

支払われるはずもない。

しかし、怪物の触手は貴族の間で珍味と

もてはやされていて、高値で売ることが

できる。

上等の甲冑は買えないものの、とりあえず

出発できるだけの資金は心配なさそうだ。

 

ヒイロたちの出発の日。

トミッテは「自分も一緒に行く」と言う。

彼も魔法石グラントロワによって、この

理不尽な世界を変えたいと思っていた。

旅立ちの道のりでヒイロたちを待っていた

のはエリン。

彼らに今回の件はヒイロを捕えるための

シャリシャルーの計略だったことを明かし、

「自分も旅に同行する」と言い出す。

ギルーが同意しないと見ると、ナンブーコの

要塞がある「希望なき地」の地図を示す。

これを見て一も二もなく、同意するヒイロ。

エリンを加えた一行は希望なき地を目指す。

 

シャリシャルーは服を着ている時は

お子ちゃまみたいですが、脱いだら

胸は小さいものの、引き締まった脚線美や

腰つきはなかなか艶めかしいですね。

今回でファンが増えるかも。

温泉と言っても女性陣は沐浴用の衣装を

着用していますが、腹掛けみたいなこの

衣装が逆に色っぽいです。

『聖戦ケルベロス』第5話あらすじ・ネタバレ「センス」

『聖戦ケルベロス』第3話あらすじ・ネタバレ「ヒドゥンフォートレス」

聖戦ケルベロス(アニメ)あらすじやネタバレ・声優キャスト!放送開始日も!

 - エンタメニュース, 聖戦ケルベロス 竜刻のファタリテ